メンテナンスの委託管理サービス

メンテナンスの委託管理サービス

測量機器等は正しい計測などを行なうために、調整・整備などのメンテナンスが必要になって来ます。けれども、常にメンテナンスを行なって使用可能な状態にしておくのは大変なものです。
株式会社山陽測器では測量機器などの調整・整備の委託管理サービスを行なっているそうですので、どんなサービスなのか見てみましょう。

 

◆自社でメンテナンスを行なうメリットとデメリット

 

まずは、測量機器等のメンテナンスを自社で行なうメリットとデメリットにはどんなものがある確認しておきましょう。
自社で行なうメリットとしては、担当者の選定を行なうことが出来るため、メンテナンスの難易度に合った担当者に依頼することが可能になるでしょう。
さらに、自社でメンテナンスを行なうことでメンテナンス技術を持った人材の育成も行なうことが期待出来ますし、使用計画に合わせたメンテナンスを効率的に行なうことも出来そうです。
また、急な使用が必要になった場合、そうした機器を優先したメンテナンスを行なうことも出来るでしょう。
デメリットとしては、メンテナンスを行なうことが出来る人材を確保しておく必要があるため、メンテナンスなどが必要な件数が多くない場合は人件費面での問題が出て来るケースもあるでしょう。
使用しない場合の保管場所を確保する必要がある点もデメリットと言えるでしょう。
さらに、メンテナンスの難易度が高く対応するスキルを持った人材がいない場合は、株式会社山陽測器などのようなところに外注に出す必要性が発生する可能性もありそうです。

 

◆株式会社山陽測器にメンテナンスを委託するメリットとデメリット

 

次に、測量機器等のメンテナンスを株式会社山陽測器に委託するメリットとデメリットについて見てみることにしましょう。
メリットとしては、認定検査員によってメンテナンスが行なわれているそうですので、一定の技術水準をクリアした技術者によって行なわれることになります。そのため、機器の機能や性能面をベストな状態に保つことが期待出来るでしょう。
また、さまざまな種類の機器のメンテナンスを行なっているでしょうから、そうした経験値も効率面などで大きなメリットとなるでしょう。
機器を自社で保管する必要もありませんので、保管場所を設けておく必要もありません。
デメリットとしては、メンテナンス費用などが発生してしまう点や、突然使用する必要が発生したときに対応出来ない可能性もゼロではない点をあげることが出来るでしょう。

 

◆メンテナンス委託管理の実績

 

測量機器等のメンテナンスを委託する時に、信頼出来る事業所かどうかは大切なポイントになってくることでしょう。
こちらの会社ではこれまでに10社からメンテナンスの委託管理を行なった実績があるそうです。
その中には大手ゼネコンも含まれているとのことですので、信頼を得ている会社と言えそうです。

 

測量機器等を常にベストな状態での保管を考えている場合、株式会社山陽測器のような認定検査員がいる企業へのメンテナンスの委託管理も考えてみてはいかがでしょうか?